風俗は俺の鎮魂曲

だからこそ、風俗では姿勢が重要

相手も人間である以上、こちらの態度は決して無関係ではないと思うんですよ。だから風俗で遊ぶ時も最低限の礼儀は意識しています。だからなのか、いつも女の子は優しいです。まぁ自分が別に敬語じゃなくても優しいとは思うんですけど、そう思っていた方が自分としても幸せじゃないですか(笑)自分のしていることは間違っていないんだって思えた方が単純に嬉しいと言うのはありますよね。それもあるので、風俗で遊ぶ時にはやっぱりそれなりにいろいろなことは意識するようにしています。それに、相手のことを考えないと結局風俗嬢のモチベーションにも影響を及ぼすんじゃないのかなって言うのもあるんですよ。相手だって人間なんです。風俗嬢である前に一人の女の子なんです。こちらの態度や言動次第で仕事へのモチベーションが低下してしまうことなんて決して珍しくないと思うんですよね。だから礼節やコミュニケーション。この点は、ある程度は意識するようにしています。

風俗で十分ということに気付いた

恋人という存在との別れを通して、自分には風俗があれば十分だと言うことに気付きました。恋人がいる時には自分なりに前向きな気持ちになっていたんですけど、いなくなってみて気付いたんです。別にいなければ居ないで良いと言うか、そもそも自分が求めていたのは「恋人」じゃなく、性的なパートナーだなと。別れてから、相手の存在が惜しいとかではなく、性的な面しか考えていない自分に気付いたんですよ。デートが出来ないなとか、精神的な頼りがいなくなるなとかではなく、何も出来ないなって(笑)本当にそれだけしか思わなかったので、自分は別に恋人という存在が欲しいのではなくて性的に満たされればそれで良いんだなってことで、風俗が答えというか最適解なんじゃないかなと(笑)だって風俗なら性的なものを満たせるけど、でも日常生活で負担を強いられることもないじゃないですか。お金にしたってデートだなんだって考えたらむしろ安上がりですしね(笑)