風俗は俺の鎮魂曲

やっぱり風俗が良いからこそでしょうね

独身ですしこいびともいません。でも、結婚したいという気持ちはおろか恋人が欲しいなという気持ちさえありません。なぜなら風俗があるからです。きっと、男にとって「異性」という存在は人としてとかじゃなくてまずは下心と言うか性欲を満たしたいって気持ちが強いと思うんですよ。でもそのためには結構面倒じゃないですか(苦笑)それなら抜きたい時に風俗で抜くってスタンスで十分なんじゃないですかね。自分の時間を犠牲にして相手のどうでも良い事に付き合うこともなければ、自分は本当はこっちなのに相手のわがままのおかげで興味のないことにお金や時間を使わされて、相手は楽しそうでも自分だけはフラストレーションがたまる…なんてこともありません。すべての面で自分の好きなように楽しめるじゃないですか(笑)それなら独身で、時々風俗で遊ぶというライフスタイルで十分なんじゃないかなと(笑)だから自分はこの世に風俗がある限り、今のままでいいです(笑)

そこにある結論までの道のり

どういった形で風俗を楽しむのか、自分なりにスタイルを模索して固まりつつありますけど、そこに至るまでには結構な時間を要した…というか、それもそれで楽しいものなので別にそれはいいことなんじゃないかなと(笑)苦労させられたって話じゃなくて、満足感の中から自分にはどういったものが合うのかや、どの部分に惹かれたのかなど、風俗嬢とのプレイで満足してしばらくしてから客観的に考えて次への判断材料にして、さらに良い風俗嬢を求めて…といったことをいろいろと繰り返しているうちに、ようやく自分の楽しむスタイルが固まってきたかなって思っています(笑)でも、別にスタイルを固めようって思って努力した訳じゃなくて、気付いたら今のスタイルが出来上がっていたってだけの話なので無理をしたとか、嫌々頑張ったってことではないんですよ。むしろそこに至るまでのプロセスと言うのは、自分自身かなり楽しめたかなって思っていることなので、エンジョイしていますよ。